化粧品の種類と
役割を理解しよう

スキンケア化粧品


お肌を健やかに保つために基礎化粧品を使うことは女性にとって必要なことです。基礎化粧品は大きく分けて化粧水・美容液・乳液の3つの種類があります。それぞれの役割を理解して、自分の肌の状態を良くするために基礎化粧品を使い分けるようにしてください。化粧水には保湿効果、美容液には美容効果、乳液には仕上げ効果と、それぞれの商品に役割があります。

化粧水は基礎化粧品の中で一番使われている商品なのでとても重要です。洗顔やクレンジングの後に使用するのが一般的です。化粧水の役割は、クレンジングや洗顔をした際に失われた肌の状態を維持するために必要な水分を補給する働きをしてくれます。

美容液はスペシャルケアをすることができる化粧品として使われるのが一般的です。美容液には美容成分も含まれているので、化粧水では補うことができない肌の部分的なケアに使われます。肌質を変えることができますし、シミやしわを改善させることもできます。

乳液は基礎化粧品の中では仕上げのときに使われる化粧品です。乳液の役割として、最初に使った化粧水や美容液の成分が蒸発しないように膜を作ってくれて保護してくれる基礎化粧品になります。

◇◆ 管理人参考サイトはこちら ◇◆
スキンケア時間を少しでも短縮したいときには、基礎化粧品が一つにまとまったオールインワンタイプが最適です。わらびはだは、年齢肌に嬉しい美容成分が含まれているオールインワンとして人気です >> わらびはだ オールインワン